金融業に必要な資格

金融業はお金を扱い、それを運用して利益を挙げることが仕事です。
そのためには個人・法人の顧客から信用されることが必要であり、その最も分かりやすい手段が各種資格を取ることです。


men.jpg銀行や証券会社では資産活用に対応出来るファイナンシャルプランナーの資格を持つと有利ですし、顧客からも信用されます。
また簿記検定の資格を取得していれば金融業に限らず就職には有利です。


非常に難易度は高いですが、公認会計士や税理士の資格を持っていれば将来的に独立することも夢ではありません。



ファイナンシャルプランナー
これからの人生設計にあたり、資産やライフプランの作成・アドバイスが出来る資格です。
いろいろな人から考えている人生設計を聞き、それに対して貯金や支出の流れ、保険や税金、不動産、年金などほぼ全ての知識が必要とされる資格です。
特に現在は少子高齢化社会であり、将来設計に不安を持っている個人そして法人も多いことから、近年では非常に重要な役割を果たすようになっています。



簿記
どんな職業・仕事でもお金を扱わないものはありません。そしてその流れを帳簿にして、お金の流れを明確に示すためには簿記の資格が必須となっています。
つまり金融業への就職を考えている人には欠かせない資格と言えるでしょう。
簿記検定は4級から1級まであり、順番にステップアップしていく事になりますが、2級以上の取得が望ましいと言われています。



DCプランナー
年金制度や確定拠出年金制度、つまり投資も含めた年金全般に関する専門の資格です。
確定拠出年金とは将来受け取る年金の一部を、働いている間の投資によって賄うというもので、企業の負担を少なくすることが出来ることから今では多くの企業がその活用を推奨しています。


税制的な優遇もあり、ローリスク・ローリターンからハイリスク・ハイリターンの投資、またはそれらを複合的に組み合わせた投資で将来の年金を確保するという非常に難しいプランの提案・相談に答えるため、
幅広い知識と、顧客に適切なアドバイスが出来る資質も要求されています。



公認会計士
難易度の高さでは弁護士と比較されるほどですが、個人商店から大企業までその財務書類の内容を監査を任されているのはこの公認会計士のみです。
また財務関係以外にも企業活動全般には公認会計士が必要とされますので、非常に安定して高収入を得られる資格となっており、独立して成功している人も多い資格です。
試験に合格しても2年間の実務経験を積んだ上で初めて資格を得ることが出来ます。



税理士
個人・法人を含めて、税金に関する業務を行うことが出来る資格です。
現在の税制は非常に複雑であり、それを明確化すると同時に透明性も求められていますので、企業によっても必要性の高い資格となっています。
公認会計士とともに、独立を目指すことが出来る資格です。

このアーカイブについて

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

Powered by Movable Type 6.1.1